訪問査定と机上査定の違いについて

不動産査定の種類は訪問査定と机上査定

一戸建てやマンションの売却を検討している場合は、どの程度の価格で不動産が売れるかの目安を事前に知る必要があります。
不動産査定は、不動産会社に依頼すれば出してもらうことが可能です。

その場合に「訪問査定」と「机上査定」の二種類の方法があり、依頼者は希望に応じて選択することができます。
訪問査定とは、不動産会社の担当者が実際にその不動産の外部や内部を見学して査定を行うものです。

実際に訪問してみなければ、資料だけでは正確に判断できない部分があるからです。
物件の室内状況や周辺環境などは、物件を確認して状況判断する必要が出てきます。

訪問査定は、資料データと実際の確認によって、より正確な該当物件の価値を出すものになります。
したがって、詳細に検討された訪問査定は、実際の売却価格に近い価格になる可能性が高いです。

一方、机上査定は、実際に物件を確認せずに事前の基本資料で査定価格を出すものです。
簡単な査定方法ですが、基本の物件データや相場状況なども考慮して査定価格を出すため、一定の目安にはなります。
但し、あくまで簡略化された査定のため、実際の売却価格とは異なる場合もあります。

訪問査定と机上査定のそれぞれのメリットについて

訪問査定は、不動産会社が実際に現地を訪問して調査するため、机上査定に比べて完了まで時間が必要です。

それだけ正確な不動産査定ができるため、実際の売却価格について確実性の高い目安を得ることができます。

実際に不動産会社と媒介契約(仲介契約)を結べば、訪問査定による査定価格が売り出し価格の基準として考慮されることになります。

訪問査定はより詳しい査定になるため、様々な資料も必要なり手間もかかります。

しかし正確なその物件の価値が出るため、利用者にとってメリットが大きいです。

一方、机上査定については、基本データは不動産会社ですぐに調べることができるため、査定価格も素早く出すことが可能になります。

依頼すれば、一日以内で査定価格を知ることができるため、自分の物件の価値を早急に知りたい場合に適した査定方法です。

また、机上査定はあくまで机上の算出で済むため、訪問査定のように担当者に自宅を訪問されることもありません。

利用者にとって依頼しやすく負担の軽い査定方法です。

不動産会社に査定を依頼する場合は、まだ売却について具体的なことを決めていない場合は机上査定を行い、本格的に売却を行っていく場合は訪問査定をするといういう流れになります。

あなたの不動産今いくら?不動産無料一括査定サイト一覧

一括査定サイト

イエウール

スマイスター

イエイ

提携数 約1400社 約1400社 約1000社
利用者数 約1000万人 約440万人 約400万人
最短入力時間 60秒 45秒 60秒
最大査定依頼数 6社 6社 6社
対象物件 戸建て、マンション、土地 戸建て、マンション、土地、投資用マンション、その他 戸建て、マンション、土地、店舗、農地、その他
公式 イエウール公式 スマイスター公式 イエイ公式