家はリフォームしてから売った方が高く売れるのか?

自宅を高く売却する方法としては、リフォームも1つの選択肢です。
しかし、個人が業者にリフォームを依頼すると、相応の費用がかかります。
リフォームにかけた費用が自己負担になっては本末転倒だから、リフォームの有無でどれぐらい売値が変わるのかを理解しておきましょう。

リフォーム費用を上乗せすると売却の難易度が上がる

リフォームの効果は、家を部分的に新築のような綺麗な状態に戻せることです。
売却の直前に行えば、中古物件としての価値が高まり、その分だけ高値をつけやすくなります。
けれども、リフォーム費用をそのまま上乗せすると、価格帯として上のランクの物件と競合するのです。

不動産の相場は、築年数などの重要な項目のチェックだけでほぼ決まります。
そして、リフォームの有無は、残念ながら不動産の査定において補足的に扱われているのが現状です。
いくらで売りに出すのかはオーナーの自由とはいえ、不動産を探している方の考えを無視してはいつまでも売れ残ってしまう恐れがあります。

家はリフォームをしてからの方が売れますが、リフォーム費用は基本的に自己負担になるのが結論です。
個人でリフォームを依頼すると、業者同士に比べて割高になってしまう点も覚えておく必要があります。

買主は自分がリフォームをすることを前提に物件を探す

住宅を購入する方は、買った後に自分好みにリフォームするパターンが多いです。
当然、リフォームする予定の部分は古くてもあまり気にせず、家として安いのかどうかを重視します。
特に戸建てやファミリー用の分譲マンションでは、骨組みだけにしてから全面的に再構築するリノベーションも人気です。

大規模なリフォームをする買主は、色々な間取りを作れる広さと、リフォーム費用を確保できるぐらいの値段であることの2点で判断します。

売主が隅々までリフォームをした家は、その内容を高く評価する方だけが対象になります。
不動産の売買では買主を見つけるだけでも時間がかかるので、早く売りたいケースではリフォーム費用を度外視して、あくまで相場に見合った値段にするのが現実的な判断です。

自分たちが使うためのリフォームはともかく、高く売るためにわざわざ高額のリフォームをするのはあまりお勧めできません。

あまりお金をかけずに見栄えを改善できるリフォームが効果的

家を高く売る目的でリフォームをするのなら、売買を仲介してもらう不動産会社に相談するのがベストです。
現地での不動産査定の時にリフォームについて聞いてみると、プロならではの具体的なアドバイスをしてくれます。
日常的に不動産を扱っているのは伊達ではなく、売却におけるリフォームの必要性をよく理解できます。

リフォームを実施する場合は、あまりお金がかからない壁紙の張替え等で見栄えを良くしておくのが一般的です。
ありのままの状態で売却する事例は全体の80%を超えており、素直に時価で売るのが主流になっています。

買主は入念に情報収集をしてから内覧に来るので、築年数が古い家で設備が老朽化している程度で評価を下げることはありません。
しかし、家の中が綺麗に片付いているのか、ゴミや汚れをこまめになくしているのかは大切なポイントです。
日頃から掃除をきちんと行い、不用品は放置せずにちゃんと処分しておきましょう。

不動産の売買は、需要と供給が一致することで成立します。
リフォームによって売値が大きく向上することは稀で、わざわざ家の売却のために実施するのは採算が合わない可能性が高いです。
査定に来てくれた不動産会社の営業マンとよく相談して、買主から魅力的な家だと思われる値付けをすることをお勧めします。