土地売却のコツとは?知っておきたいポイント

土地売却で高く売るには不動産会社選びが大切

土地を訳あって売却したい…という方は多いのではないでしょうか。土地を売却するに当たって、なるべく高い金額で売りたいという方は多いです。同じ土地でも売却のコツを知っておくことで、値段が相当変わってくることもあります。そこで、まず土地売却でどのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。
まず、土地売却のコツですが、不動産会社選びを慎重に行いましょう。「土地売却は不動産会社選びから」と言われるほど不動産会社は重要です。
選ぶ不動産会社によって、売却することが出来る金額はもちろん、売却できるまでの期間も変わってくることが多いのです。まず、不動産会社と言ってもさまざまな得意分野があります。賃貸物件について得意としている企業もあれば、事業用物件を主に取り扱う会社もあり、マイホームの売却が得意でないところもあります。
このため、マイホームや土地の売却に強く、地域でも密着型の知名度が高いところを選びましょう。評判の良いところであれば、それだけ売却の実績があり、高く売れる可能性があります。

売り出し価格の設定に気を付けよう

土地を売却するためには、売り出し価格を設定する必要がありますが、この売り出し価格の設定の見極めが大切となります。土地が欲しいと思っている人に対して、妥当な価格でないといけませんし、だからといって安すぎてもこちらが損をしてしまうことになります。
大体この金額なら、数ヶ月で売れるだろうという金額で設定して売り出すことになるのですが、売主の希望も含めて決めることが出来るので、周辺の相場なども含めて、絶妙な金額で売り出すようにしましょう。
このため、あらかじめ周囲の物件、土地の相場を調べておくことが大切です。

家付きか更地かで考えておく

土地を高値で売却するためには、家付き、更地、どちらが良いとは一概に言えない部分があります。たとえば、家付きで購入したいという希望者が現れることも多く、こういった場合は、土地だけの更地より古家がついている方がすぐに売れることも多くなっています。このため、まず家が建っている段階であれば、更地にするべきなのかどうかも不動産会社に相談をすると良いでしょう。何も考えずに更地にしてしまうと、買い手の幅が狭まってしまい、売りたい土地がなかなか売れなかったりすることもあります。あくまでも希望者がいるかどうかが問題ですので、そのあたりも考慮しましょう。